ワイヤー矯正の期間

ワイヤー矯正を目立たなくするために、透明タイプのものを外からおこなう場合の他にも、金属のワイヤーを使用しますが歯の裏側にブラケットを装着してワイヤーを通す方法もあります。
費用は歯の表からおこなう治療よりも高くなってしまいますが、裏側から装着するとほとんど目立たなくなりますので大人になってからおこう場合や、女性の方におすすめかもしれません。
ワイヤーによる歯の移動期間は、患者さんの歯の状態によって異なると言われております。
歯科矯正の平均的な期間は、2年~3年程度だとされておりますが、歯を抜かなくても大丈夫であった方などの場合は、抜歯が必要な方よりも比較的簡単な矯正で済みますので、半年から1年程度で終わらせることができる可能性もあります。
とても難しい方の場合には3年以上もかかってきてしまうこともあるのです。
クリアーブラケットやセラミックタイプよりも、金属のブラケットを使用された方が矯正の治療期間は短くなります。
また、歯の裏側にブラケットを装着して歯を移動させていくよりも、表側にブラケット装着をしてワイヤーを通す方が歯が動きやすいため矯正の治療期間が短くなると言われております。
矯正によって動かした歯は、放置しておくと戻ろうとする力が働きますので、歯の後戻りを防ぐために「保定」というものをおこなわなければなりません。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 歯科矯正とはどういうものかについての紹介 All Rights Reserved.