スタンダードな矯正方法

歯科矯正の中で、もっともスタンダードな矯正方法であるのがワイヤー矯正です。
ワイヤー矯正は、歯にブラケットと呼ばれている装置を取り付けて、そこにワイヤーを通して少しずつ少しずつ歯を移動させていくという方法です。
ワイヤーは金属のものが主流でしたが、金属のワイヤーはとても目立つということもあり、最近では透明のプラスチックやセラミックなどで出来ているタイプのものも出てきております。
透明のワイヤーを使用されている場合は、ワイヤーに色が沈着してしまう可能性があるため、色が気になるという方は、なるべくカレーやコーヒー、赤ワインなどのような色素沈着をしやすい色の濃い食べ物を控えた方がよいとも言われております。
ワイヤー矯正は、もっとも多くおこなわれている矯正方法ですので実績も十分にあり、治療期間も比較的短くなるというメリットがあります。
矯正をしている最中は、ブラケット装着やワイヤーなどの矯正装置を付けているため、歯をケアするためのブラッシングが非常にしにくく、むし歯になりやすい状況ですので歯のケアは十分に注意する必要があります。
ワイヤー矯正とむし歯治療を並行しておこなうことは困難ですので、あらかじめ虫歯がないかどうかの検診と、むし歯などの治療は完全に完了させておくことが大切です。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 効果が明らかに分かるためリピーターも多い関西でにきび治療をしてくれる病院を探しているなら、マイクロ排膿をおこなう事により根治治療が可能で、症状がひどくても肌が元の状態に近くなる対応を行ってくれるのでオススメです。

  • 高い技術でお客様のコリをほぐしてくれる下北沢のマッサージ店を探しているなら、安心の低価格で深夜まで対応してくれるので、仕事で忙しい方でも疲れを癒してもらえるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 歯科矯正とはどういうものかについての紹介 All Rights Reserved.