マウスピース矯正

歯科矯正の方法にインビザライン(Invisalign)と言われるマウスピース矯正があります。
これは着脱が可能であるマウスピース「アライナー」と呼ばれているものを用いておこなう方法ですが、1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社によって開発され、全世界で多くの患者が治療を受けている実績があります。
日本では、2006年に本格的に販売が開始されたと言われております。
マウスピースの厚さは0.5ミリ程度の透明のもので、一日に20時間以上装着し続けていき、歯が少しずつ移動しますので2週間ごとに新しいマウスピースに交換していく治療方法です。
すべての症例に適応できるというわけではありませんが、透明のマウスピースで装着をしていても目立ちませんし、着脱が可能であることから食事なども自由におこなえ、器具を外してお手入れできるので口の中を清潔に保ちやすいというメリットがあります。
クリンチェックと呼ばれている3次元シミュレーションソフトを通じて、コンピュータ画面上で歯科医師が治療プランを立てていきます。
治療が完了するまでのアライナーの必要個数や形状などが決定されて矯正治療を開始する前に、すべてのアライナーが製造することが可能です。
クリンチェックの3D シミュレーション動画によって、歯の移動を確認することができるのも魅力の1つだと言われております。

    人気サイトのリンク集

  • 熟練したスタッフが高い技術をもって全身の疲れを癒してくれる下北沢でマッサージを探しているなら、リピート率9割を誇る安心のクオリティで対応してくれて、深夜2時まで受け付けているので忙しい方でも安心して通う事が出来ます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 歯科矯正とはどういうものかについての紹介 All Rights Reserved.